お知らせ

「霞ヶ浦帆引き船操業継承部」メンバーを募集

『keisyoubu4』の画像

帆引き船による漁法は、明治13年に本市の折本良平氏によって考案され、
ワカサギ漁の主役として動力船が普及する昭和42年までの約90年間に
わたり霞ヶ浦漁業の花形として漁村地域を支えてきました。
自然の摂理にかなった独特の帆引き網漁は、まさに画期的な伝統漁法で、
極めて重要な文化資源であることから、昭和46年に観光帆引き船として
復活しました。

観光操業シーズンには、今なお変わることのない勇壮な姿を披露する帆引
き船ですが、近年、操船経験を積んできた漁師の高齢化が進み、その対策
として操船技術の伝承を目的に「霞ヶ浦帆引き船操業継承部」を組織。
本年度から本格的な活動に入り、目的に賛同した若手継承者が伝統ある
帆引き網漁法の習得に励んできました。
引き続き、霞ヶ浦のシンボル「帆引き船」を守り伝えるメンバーを広く募集
しますので、お気軽にお問合せください。

 『keisyoubu1』の画像 『keisyoubu2』の画像 『keisyobu3』の画像 

≪資格・条件≫
■18歳~50歳まで
■漁業経験及び小型船舶免許の有無・居住地・性別は問いません。
■帆引き網漁法の習得とその保存継承活動に関心ある方。
■入部後は、霞ヶ浦帆引き船・帆引き網漁法保存会に登録されます。

≪主な活動≫
■帆引き網漁法と操船技術の習得
・習得活動は7月~11月までの毎週日曜日が主となります。
・乗船時間は1時間程度となります。
・平成27年度の乗船日時と回数は、5~6月に開催する
 年次会合で決定する。
※小型船舶免許所持者は、帆引き船見学者を乗船する随伴船の
 操船も行う場合があります。

≪定期募集≫
■平成27年度活動の定期募集期間:平成27年3月20日(金)~4月30日(木)
※霞ヶ浦帆引き船操業継承部の会則と入部申込書は関連ファイルからダウンロードください。
※定期募集期限以降も随時入部可能ですが、当該年度内の担当活動日等が流動的となります。

【問い合わせ先】…観光商工課 TEL029-897-1111/TEL0299-59-2111

 

関連ファイルダウンロード