かすみがうらにて。

かすみがうらをみんなで愛でる 10short video

日本で2番目に大きな湖・霞ヶ浦の畔。豊かな水源と里山に囲まれた小さな田舎町。最近は、サイクリングコースでちょっと有名です。
ここで暮らす人のこと、おいしいもののこと、眺めて欲しい景色のこと。見ればきっと、次の旅先にしたくなる10本の特別動画を、SNSで続々配信しています。ぜひみんなで愛でて、フォローして、そして暇なときには遊びに来てください。

Follow us on SNS
フォロー&チャンネル登録
よろしくお願いします!

動画アーカイブ

インスタグラム
キャンペーン開催中です!

arrow

キャンペーン

instagram@kasumigaura.kozan

インスタグラムフォローで当たる!

湖上から見る
「特別な風景」
(1組2名様)
プレゼント!

湖上から見る「特別な風景」

2022

9.30 FRI

締切

国の無形文化財にも指定されている、霞ヶ浦の「帆引き船」。かつてわかさぎ・しらうおの帆引き漁に使われた、白い大きな帆が特徴の伝統的な船です。

年に1度の特別な「帆引き船ライトアップ操業」
幻想的な風景を間近に見られる湖上観覧チケットを、
抽選で1組2名様にプレゼント!

茨城県かすみがうら市では、まちの魅力をたくさんの方に知っていただくために、Instagramフォロワー1000人を目指すキャンペーンを実施しています! 期間中に1000人達成で、帆引き船のライトアップ操業を間近で見られる、見学船からの湖上観覧チケットを抽選で1組2名様にプレゼント。ぜひフォローをお願いいたします。

●期間:2022年9月30日(金)まで
●参加方法:かすみがうら市観光課公式Instagram(@kasumigaura.kozan)をフォローするだけ!
●プレゼント内容:霞ヶ浦のシンボル「帆引き船」ライトアップ操業の湖上観覧チケットを、Instagramフォロワーの方の中から抽選で1組2名様にプレゼント! 年に1度だけの特別な景色を、随伴する見学船から間近に見ることができるチャンスです。
※当選した方へは、DMでお知らせします。※落選のご連絡はいたしません。
※帆引き船ライトアップ操業は11月27日(日)に開催予定です(雨天中止)。集合場所(茨城県かすみがうら市内)まではご自身でお越しいただきます。

かすみがうらにて。

動画アーカイブ

#01美しい練習場。

NEW!

筑波山・霞ヶ浦エリアがホームのロードレースチーム「ウィンディー筑波」。JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)が主催する「J エリートツアー」を中心に、さまざまな国内レースで活躍しています。そんなウィンディー筑波のチームメンバーお気に入りの練習場の一つが、つくば霞ヶ浦りんりんロード。動画では、霞ヶ浦湖岸沿いの絶景の中を、気持ちよく、そして格好よく走り抜けていただきました。

#02おはよう、炊けたよ。

NEW!

2020年7月、霞ヶ浦湖畔に誕生した古民家ゲストハウス江口屋。明治後期に建てられた元造り酒屋だった建物をリノベーションした、趣のある宿。湖の畔という立地の良さもあいまって、開業以来さまざまなメディアに取り上げられ、週末は3ヶ月先まで予約が埋まっているほどの人気ぶりです。動画で紹介しているのは、宿泊者限定で振る舞われる朝ごはん。かまどで炊くこだわりの羽釜ごはんは、ふっくらつやつやで炊飯器のごはんとはひと味もふた味も違います。

大人になっても。
icon

#03大人になっても。

7月上旬
配信予定

動画に登場するのは、コロナの影響でコンクールや演奏会が中止になったまま、引退を迎えることになった市立霞ヶ浦中学校吹奏楽部の3年生。「コロナ禍で引退する生徒たちに、少しでも思い出を作ってあげたい」という顧問の高野彩先生の思いから、夕暮れの霞ヶ浦を舞台に湖上アンサンブルを行いました。曲目は「アメイジング・グレイス」(編曲は顧問の高野先生)。霞ヶ浦の穏やかな水面をイメージした選曲です。

夢のカブトムシ工場。
icon

#04夢のカブトムシ工場。

7月下旬
配信予定

かすみがうら市には、子どもたちの夢を形にしたような「工場」があります。全国有数のカブトムシ販売会社である株式会社ミタニ。ホームセンターを中心に、年間20万匹ものカブトムシを出荷するうち、約5万匹は自社での養殖です。幼虫の餌となる飼育マットも自社で手作りし、産卵から成虫まで1年かけて育てあげます。無数の飼育ケースが並ぶ倉庫は、さながらカブトムシ工場。そんなミタニのカブトムシ工場を覗いてみましょう!

狩りに来て。
icon

#05狩りに来て。

8月上旬
配信予定

ぶどうや梨、柿に栗に、蜜たっぷりのサツマイモも。これら豊かな天然スイーツの存在は、かすみがうら市民の誇りのひとつです。動画では、かすみがうらを代表するスイーツの数々を、ファッションショーに見立てて紹介しています。

其れ其れの生き様。
icon

#06其れ其れの生き様。

9月上旬
配信予定

知る人ぞ知る、かすみがうら屈指の癒しスポット「長興寺」。笑ったり怒ったり変顔だったり。静寂の中、個性的な表情をした無数の羅漢像を眺めていると、心にたまっていた日々のストレスが、すうっと消えていくから不思議です。

のんびりと、秋燃ゆ。
icon

#07のんびりと、秋燃ゆ。

10月下旬
配信予定

春の山桜、夏の新緑、秋の紅葉、そして冬の静寂。季節ごとにいろいろな自然を見せてくれる、地元ハイカーに人気の山・雪入山。ハイキングが楽しい山ですが、最近人気なのがサイクリング。動画では、Eバイクをレンタルして、景色や風を感じながら自然の中をゆったりと走る様子をお届けします。ドライブともハイキングとも違う、山×Eバイクの楽しみをぜひリアルでも。

海みたいな湖で。
icon

#08海みたいな湖で。

11月中旬
配信予定

ワカサギ、シラウオ、エビなどの漁場として、古くから盛んに漁が行われている霞ヶ浦。動画では、創業100年を超える佃煮の老舗「中村商店」の代表・中村昇さんにご協力いただき、シラウオ漁の様子を紹介しています。深夜から明け方にかけて行われるシラウオ漁。水鳥が飛び交う、美しい夜明けの景色も見応えがあります。

とっだど
icon

#09とっだど😆

12月上旬
配信予定

霞ヶ浦沿岸一帯は、日本一の蓮根産地。夏の盆の頃、美しい花を咲かせる蓮根は秋から冬にかけて旬の時期を迎えます。正月には縁起物としても重宝される蓮根ですが、冬の収穫は過酷そのもの。動画では、約24ヘクタールに及ぶハス田を持つ県内有数の蓮根農家・アグリ藤井さんのご協力のもと、4人の筑波大生による楽しくも厳しい、蓮根収穫体験を見ることができます。

いつもの朝
icon

#10いつもの朝

20231月上旬
配信予定

生まれも育ちも霞ヶ浦湖畔。霞ヶ浦で鯉の養殖を行っている樽見軍司さんの朝の日課は「仕事の前にコーヒーを飲みながら、湖上に朝日が上がっていくのを見ること」。樽見さんにとっての霞ヶ浦は、仕事場であり生活の場所。当たり前にそばにある風景が、毎日を支えてくれていることを実感させられる、そんな動画です。